和装本って?

できるまで!

会社案内

HOME»  折本

折本

折本

 

本の古い形は巻物(巻子本)から始まったが、これでは閲覧や保存などに不便なことから、長く継ぎ合わせた紙葉を、一定の幅で交互に折りたたんで考案されたのが折り本である。  中国では、唐・宋時代に盛んに行われ、特に仏教書はほとんどこの形式の製本に一定した観があったので、この様式を経本仕立てともいう。今日でも経典や絵巻物などの和本に行われている。

 

①紙を継ぐ

①紙を継ぐ

 

紙端に糊を付け、次の紙をのせながら巻子のように巻いていく。

 

②端から2間折りをする

②端から2間折りをする

 

2ページ分の幅の尺(ボール紙など)を当てながら折りを付ける。

 

③さらに2間の間を折る

③さらに2間の間を折る

 

折っていくと初めの折りの方が高くなるので、3~4枚ごとに向こう側を押さえながら折る。

 

④折りあがり

④折りあがり

 

天地を化粧断ちし、揃える。

 

⑤当て木をして締めておく

⑤当て木をして締めておく

 

折り目をきちっとさせるため、折り山を少々水で湿して当て木をして締めておく。