和装本って?

できるまで!

会社案内

HOME»  巻子本

巻子本

巻子本のできるまで

 

図書の最も古い形態の一つ。書写あるいは印刷した紙を横長に継ぎ、末尾に巻軸をつけ、巻頭にも軸をつけてその中央部に紐をつけ、巻きおさめるときに紐で締めむすぶようにしたもの。
 当初は百万塔陀羅尼の巻子本のように、軸がなく、横長の紙を巻くだけのものであったらしいが、時代の変遷とともに造り方も贅沢となり、平安朝の末期(1167年)につくられた平安納経は、華麗荘厳の巻子本として有名である。

 

①

 

天地を合わせて裁断した用紙を揃え、細くずらして糊を付ける。
(文字や絵画のある場合は重なりを考えながら裁断すること)

 

②

 

一枚ずつ端を重ねて継ぐ。

 

③

 

端から巻き込んでいく。
全体を巻き終わると、紙帯などで留めてしばらく置き、巻きぐせをつけながら乾かす。

 

④

 

この間に、表紙用の裂に裏打ちする(見返しの紙をつける)。
表紙用の裂は薄手の目の粗いものがよい。
裂端の天地をあらかじめ裏側に折り込み、その上に見返しの紙を上表にして貼る。

 

⑤

 

巻き込んで紐を止める。